プーケット、カオラック発/ダイブクルーズ:ダイブサイト

会社概要サイトマップリンクFAQお問い合せ


タイの基本情報

bargray

基本データ

国名 :タイ王国
面積 :514,000km²(日本の1.4倍)
言葉 :タイ語
首都 :バンコク (Bangkok)
人口 : 67,764,000人(2008年)
政治 :立憲君主制
宗教 :仏教 95%
    イスラム教 4%
    その他 1%
通貨 :タイバーツ(THB)
    シティバンク為替レート
時差 :日本−2時間(GMT+7)
電圧 :AC220V(50Hz)
    プラグ形状は日本と同じ

>もっと詳しい情報(Wikipedia)

シミランクルーズ アクセスマップ1

タイという国

タイの人々:
タイの人々は、国民のほとんどが仏教徒。一般的に性格は明るく、見知らぬ外国人にも笑顔で笑いかけて来る人懐っこさから、「微笑みの国、タイランド」とよくいわれるほどです。基本的に親切な人が多く、気軽にコミュニケーションをとる事ができますので、ぜひ、タイの人との会話を楽しんでみてください。ただし、どこの国にも悪い人はいますので、不自然に近づいてくる人には、注意が必要です。

食べ物について:
タイの主食はお米。日本のお米よりも粘度が少なく細長い、タイ米が一般的です。 香辛料の利いたスパイシーな料理が多く、辛いものが苦手な方は注意が必要ですが、ホテルや観光客向けのレストランでは、それなりに辛さを抑えた味付けとなっています。辛いものがお好きな方は、ローカル向けのレストランや、屋台などで、本場のタイ料理をアジわく事ができますが、辛すぎておなかを壊したりすることもありますのでご注意下さい。特に屋台など、衛生管理が疑わしいお店で食事される場合は、十分に加熱されたものを選ぶのが賢明です。
年間を通して、フルーツが豊富で、季節によって、マンゴー、マンゴスチン、ランブータンなど、日本では高価なフルーツも市場やスーパーで安く手に入りますので、ぜひお試し下さい。
大きなショッピングセンターやデパートには日本食レストランのチェーン店も入っています。

王様について:
タイは立憲君主制の王国です。特に現国王であるラーマ9世(プーミポン国)は、その人柄と高い見識、数多くの慈善事業などの功績から、国民の人気が非常に高く、全ての国民といっていいほど、ほとんどの人々が、王様を尊敬し、誇りに思っています。場合によっては不敬罪で逮捕される場合もありますので、誤ってもタイ人の前で、王様を侮辱する様な発言や行動は慎みましょう。

宗教上の注意:
タイでは、信仰の自由が保障されていますが、国民の95%仏教徒です。仏教上の祭典、記念日などは、休日となる場合がありますので、注意が必要です。また、寺院など神聖な場所を観光などで訪れる際は、服装やマナーなど、現地のしきたりに従いましょう。


入国に際して

ビザ:
30日以内の観光目的の滞在の場合は、ビザ無しで入国することができます。30日以上の滞在、観光目的以外の滞在には、ビザが必要となりますので、あらかじめ取得しておいて下さい。
詳細は、タイ王国大使館にてご確認ください。

パスポート残存期間:
タイに入国するには、規定によりパスポートの有効期限が6ヶ月以上残っている必要があります。入国時に6ヶ月を切る場合は、事前にパスポートの更新が必要です。

両替:
タイでは空港はもちろん、観光エリアであれば、いたるところに銀行の運営する両替所があり、夜8時頃まで営業しています。どの両替所も日本円からの両替が可能ですので、日本で両替してくる必要はありません。ご到着が夜遅い時間になる場合は、必要最低限の現金を両替されるか、海外のATMで使えるクレジットカードをご用意されると大変便利です。ATMは、コンビニエンスストア、銀行などに数多く設置されており、24時間稼働しています。クレジットカードの裏面に、「PLUS」「CIRRUS」などのロゴマークが入っているものは、ほとんどのATMで利用可能です。


快適なご滞在のために

言葉に関して:
観光地では、ほとんどの場所で簡単な英語が通じます。日本語の使える場所はあまりありません。言葉に不安のある方は、ポケットタイプの辞書などをお持ちになると便利です。

日本からお持ちになる電化製品に着いて:
タイの一般家庭用電源は、220Vです。 ノートパソコンやウォークマンなど、海外での利用を想定に、日本で市販されているほとんどの電子機器は、220Vに対応していますが、ご使用前に必ず、機器の背面、または、電源アダプタに記載されている、使用電圧をご確認ください。機器が220Vに対応していない場合は、別途変圧器が必要です。

携帯電話について:
日本からお持ちになる携帯電話も所定のローミングサービスに対応していれば、タイ国内でも使用可能です。しかしながら、メールやウェブの一覧など一部のサービスが利用できない場合もございますので、詳細は、ご利用の携帯電話会社へお問い合わせください。また、ローミングサービスを利用した国際通話は、非常に高額となる場合がありますので、あらかじめ料金を御確認頂くことをオススメ致します。
タイで市販されている携帯電話は、安いもので3000円くらいから購入可能です。日本への通話料金は、1分間7バーツ〜20バーツと安く、頻繁に海外へ連絡される方は、タイ国内でプリペイド式の電話を購入される方が安価な場合があります。

インターネット接続について:
一般的なホテルには、インターネットに接続された貸出し用のコンピューターや、お手持ちのノートパソコンをインターネットへ接続するための、ワイヤレスLAN、有線ADSL接続のインターフェイスが用意されています。有料の場合と無料の場合がありますので、詳細はご宿泊予定のホテルにご確認ください。また、町中にもインターネットカフェが多く、低価格で利用できますが、ほとんどの場合、備え付けのコンピュータには日本語入力機能がありません(日本語表示は可能です。)ので、頻繁にメールなどのやり取りをされる場合は、ノートパソコンなどの端末をご持参されることをオススメ致します。

bargray

クレジットカード決済対応
海外旅行保険
ダイバーズ保険
Youtube
Facebook ほうぼう屋シミラン店
学生割引
パワラ デラックスクルーズ バナー
マンタクイーン3 スタンダードクルーズ バナー
アドバンスド オープンウォーター コース バナー
エンリッチドエア ナイトロックス SP コース バナー
デジタル U/W フォトグラファー SP コース バナー
学生割引
ダイビング器材販売
ダイビングスタッフ募集 バナー