c ほうぼう屋シミラン(スミラン)ダイブクルーズ:シミラン諸島/シミラン諸島のシーズナリティ

シミラン諸島/シミラン諸島のシーズナリティ

会社概要サイトマップリンクFAQお問い合せ


ベストシーズン

シミラン諸島のベストシーズンは、東からのモンスーンが吹く10月中旬から5月中旬まで。マレー半島の東側で雨を振らせたモンスーンは、乾燥した緩やかな風となり、西側のアンダマン海に吹き込みます。マレー半島の東側に位置するシミラン諸島は、半島の陰に入るため、雨が少なく波が静かな、穏やかな日が多くなります。
特に気候が安定するのは、1月下旬から4月中旬、この時期には、ミャンマー海域や、アンダマン諸島へ向かうロングトリップも開催されます。

シミラン諸島のシーズナリティ(乾期)
bargray

シーズンカレンダー

シミラン諸島のシーズンは、10月中旬〜5月初旬の7ヶ月。
シーズンはじめの数ヶ月は、5ヶ月間ダイバーが入っていなかったこともあり、回遊魚や深場にいるサメ類なども、値の近くまでよってくる為、遭遇率が高くなります。
海況が最も安定する2月〜4月は、波も穏やかで、透明度も良い日が多く、最もおすすめのシーズンです。
ツアーはゴールデンウィーク前後まで開催されますが、シーズン終盤に近づくにつれ、波の高い日が少しずつ増えて来ます。


気温 水温 海況
11月 32℃ 28℃
透明度は絶好調ではないが。ジンベイザメマンタの可能性あり。シーズンに入ったばかりで、サンゴなどは手付かずの状態。

12月 29℃ 27℃
北東の風、透明度が良くなる。ジンベイザメマンタの確立アップ。

01月 30℃ 27℃
魚影が濃くなる。群れもの大物の出現率共、大幅にアップ。

02月 32℃ 28℃
魚影最高。群れもの大物の出現率共に最高。レオパードシャークの交尾が始まる。

03月 33℃ 29℃
多少にごる。ジンベエザメマンタの高い出現率を維持。

04月 34℃ 29℃
水温上昇。イルカ、クジラの遭遇率アップ。

05月 33℃ 28℃
波が立ち始める。11月までクローズ。

bargray

雨期について

5月中旬から、10月中旬にかけては、西からのモンスーンの影響で、一般的に波が高く、雨の日が多くなります。
国立公園事務所もクローズとなり、ほとんどのダイブクルーズが、ツアーの催行を中止しますが、いくつかのサービスが、天候を見ながら雨期期間もツアーを開催しています。
詳細は、お問い合わせ下さい。

シミラン諸島のシーズナリティ(雨期)

■ おことわり

ここ数年の異常気象の影響で、天候の予想は大変難しくなっております。このページに記載されている、気候に関する情報は、あくまで参考程度にとどめていただき、実際のお天気の状況に付きましては、弊社まで、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 


クレジットカード決済対応
海外旅行保険
ダイバーズ保険
Youtube
Facebook ほうぼう屋シミラン店
学生割引
パワラ デラックスクルーズ バナー
マンタクイーン3 スタンダードクルーズ バナー
アドバンスド オープンウォーター コース バナー
エンリッチドエア ナイトロックス SP コース バナー
学生割引
ダイビング器材販売
ダイビングスタッフ募集 バナー