c ほうぼう屋シミラン(スミラン)店:教えて!クルーズQ&A/ダイビング編

プーケット、カオラック発、ダイブクルーズ:教えて!クルーズQ&A/ダイビング編

会社概要サイトマップリンクFAQお問い合せ



ダイビング編

Q1:水温は何度ぐらいありますか? ウェットスーツは何ミリが適当ですか?

A:シミラン諸島からリチェリューロックにかけての海域の水温は、水面の付近で通常28℃〜30℃です。3ミリのショーティーかフルスーツが適当です。ただし、時おり冷水塊に遭遇したり、季節や海流の影響で水温が24℃〜25℃くらいまで下がることが稀にあります。体温喪失の度合いにはかなり個人差がありますが、一日の潜水本数も最大4本と多いので、寒くなりやすい方は、5mm のフルスーツをご用意いただくと良いでしょう。また、プランクトンやクラゲなどでかぶれやすい方は、薄くても体全体をカバーする フルスーツの着用をおすすめ致します。
なお、弊社のレンタル器材のウェットスーツは、3mmのショーティーとなります。あらかじめご了承下さい。


Q2:ダイブコンピュータは必要ですか?

A:ダイブクルーズでは、一日に最大4本の反復潜水を行いますので、減圧症の予防に細心の注意を払う必要があります。ダイビングコンピュータは、減圧不要限界を効率的に管理して、安全にマルチレベルダイビングするための画期的な器材です。ほうぼう屋では、全てのダイブクルーズ参加者にダイビングコンピューターの使用を強く推奨しています
ダイビングコンピュータを使用しない場合は、マルチレベルダイビング対応のダイブテーブルを使用してたてた潜水計画を守り、担当ガイドよりも最低数メートル浅い深度を常にキープしていただく他、担当ガイドが設定したルールを遵守していただく必要があります。
なお、ほうぼう屋では、ダイビングコンピューターのレンタル器材販売も行っております。


Q3:水中ライトは必要ですか?

ナイトダイビング用のライトは船上にて無料で貸し出します(電池込み)ので、特にお持ちいただかなくても結構です。しかしながら、特に光量の強いライトをご希望の方や、昼間のダイビングでも、穴や岩の隙間を除くときに使いたい場合は、ご自身でライトをご用意いただくかたちになります。小型のものを1本お持ちになると大変便利です。なお、ほうぼう屋では、ライトの販売も行なっております。


Q4:カレントフックは必要ですか?

A:カレントフックは必要ありません。強い流れの中で、長時間の根待ちをすることはありませんのでご安心下さい。


Q5:ジンベイザメなどの大物が出るのはいつごろですか?

A:ジンベイザメはシーズンをとおして目撃情報があります。目撃情報が多い時期もその年によって、まちまちですが、12月後半から、5月中旬のシーズン終わりまでが比較的多い様です。よく現れるダイブサイトは、リチェリューロックツインピークスコボンピナクルなどです。シーズンをとおしての遭遇率は、ボートによってパラ付きもありますが、おおむね約20%〜30%程度の様です。
マンタに関しては、シーズンをとおして70%〜80%程度の確率で、比較的容易に見る事ができます。よく現れるポイントは、ウェストリッジツインピークスエレファントヘッドロックディープシックスなどです。12月後半から5月中旬のシーズン終わりまでが特に多く、一度に何枚ものマンタが現れることもしばしばあります。


Q6:透明度が良いのはいつごろですか?

A:透明度は、潮の干満、流れ、天候、水温など、様々な要因で左右されますので、一概にはいえませんが、比較的透明度が安定するのは12月後半〜4月後半です。この時期は海況が安定し、ほとんど波がたたないことも、透明度アップの要因になっているものと思われます。シミラン諸島では、コンディションが良いときの透明度は40m以上、悪くても15m。リチェリューロックに関しては、良いときは30m、悪いときは10m といったところです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クレジットカード決済対応
海外旅行保険
ダイバーズ保険
Youtube
Facebook ほうぼう屋シミラン店
学生割引
パワラ デラックスクルーズ バナー
マンタクイーン3 スタンダードクルーズ バナー
アドバンスド オープンウォーター コース バナー
エンリッチドエア ナイトロックス SP コース バナー
学生割引
ダイビング器材販売
ダイビングスタッフ募集 バナー